LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
 。   ますますパワフルに!!   進路指導に携わる全国の先生方を強力に支援します。
   
         


























  
 


本ソフトの活用範囲と新データについて



既入力データの転用について



高校関連データの入力



志望校データの入力


受験番号と入試結果の入力


学習評定の取り扱いと入力


進路検討資料の作成について(1)



進路検討資料の作成について(2)



進路検討資料の作成について(3)



志願者一覧表の作成について



志願者を高校・学科ごとに集計する機能について



三者面談資料の個票について



三者面談資料の年間成績について

 

高校の登録と、学科データの入力について教えてください。
高校の登録における必須データは、高校の名称、設置者・性別区分です。

設置者・性別区分は、設定により自動代入が可能です。

このほか、郵便番号、住所、宛名の入力が行えます。

これらのデータは、高校に資料を送付する際のラベルシールに印字するためのものですので、
必要になった時点で入力されて構いません。



登録された高校に対して、設置学科の入力が可能となります。

学科の入力は、下図のように文字を入力して行いますが、登録済みの学科に対してコードが付加されますので、同じ名称の学科の場合は、文字の代わりにコードを入力することもできます。



学科ごとに、入力できるデータは次の通りです。

これらは成績判断で使用されるものですので、必要になった時点で入力されて構いません。

(1) 点数、偏差値で成績判断を行う場合、基準値を、三教科合計、五教科合計のいずれと照合するかについての設定値。

(2) 点数に関する合格基準値A、B、C。

(3) 偏差値に関する合格基準値A、B、C。

(4) 評定または評定に関する「特殊データ(
NEW)」の合格基準値。

(5) 「自由データ(
NEW)」に関する合格基準値A、B、C。
高校に登録番号、学科に「高校コード」が振られていますが、これは、自由に付けたり、変更したりできるものですか。
いいえ、できません。

これらの番号は、高校を登録する際や、学科を入力する際に自動的に割り当てられます。

登録された高校については、次のように、配置の順番を入れ替えることができますが、こうした場合は、登録番号が不ぞろいになります。

1 青葉東高等学校   1 青葉東高等学校   
2 青葉西高等学校 → 3 青葉南高等学校
3 青葉南高等学校   2 青葉西高等学校


この場合も、手動で変更することはできませんが、代わりに、自動で連番化する機能が用意されています。

これを実行することにより、不ぞろいになった高校コードも同時に、連番に改められます。
高校関連のデータは、過去年度に使用したものを本年度用として活用できますか。
はい、できます。

高校関連データは、生徒の志望校データと深く関わりますので、過去年度で使用したデータの内容、特に、高校の登録番号や学科の番号を変更した場合は、生徒データとの整合性を維持できなくなります。

そこで、過去年度の高校関連データファイルを、本年度用のフォルダにコピーしてご活用いただくことになりますが、NET2009では、このファイルコピーが、次のウィンドウを通して自動で行うことが可能となっています。


         
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2006-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.