LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
 。   ますますパワフルに!!   進路指導に携わる全国の先生方を強力に支援します。
   
         


























  
 


本ソフトの活用範囲と新データについて



既入力データの転用について



高校関連データの入力



志望校データの入力


受験番号と入試結果の入力


学習評定の取り扱いと入力


進路検討資料の作成について(1)



進路検討資料の作成について(2)



進路検討資料の作成について(3)



志願者一覧表の作成について



志願者を高校・学科ごとに集計する機能について



三者面談資料の個票について



三者面談資料の年間成績について

 

志望校データの入力は、どのように行いますか。
本ソフトでは、各生徒の志望校データは、すべて「高校コード」で管理されます。

これより、志望校調査においては、下図のような個票を作成していただき、コード一覧表から志願対象の高校・学科のコードを調べ、生徒に記述してもらいます。

データ入力は、この調査結果をもとに高校コードで行っていただきますが、NET-V2から、この入力方法が大幅にグレードアップされています。

また、志望校の変更があった場合などに有効な「逆引き入力」機能(
NEW)も、新たに装備されています。
これは、これまで唯一用意されていた行い方で、ワークシートに高校・学科を表示しない環境の中、高校コードを打ち込む方法です。

データ入力の際、ENTERキーが不要な「桁決め入力」の機能が活用できます。

次の(2)の場合も、本機能が活用できます。
   
(NEW)
NET-V2から新たに取り入れられた方法で、高校、学科の表示が可能なワークシートに直接、高校コードを打ち込むことができます。
  

  
この方法においては
、[一般]、[推薦]を選択することにより、一般受験者と推薦受験者を区分けして入力を行うことができます。
   
(NEW)
(1)、(2)が、高校コードを入力して行うのに対して、(3)は、リストの中から対象の高校・学科を選択し、クリックして行う方法です。

この方法は、まとめて入力を行わない場合(志望校の変更、追加が生じた場合など)に有効となります。
生徒1名につき、志望校データをいくつまで管理することができますか。
最大12のデータを管理することができます。

進路検討資料作成において、特定の高校の志願者を検索する場合、この12の中から任意のデータを選択することができます。

また、資料に志望校を表記する際も、この中から任意のデータを選択することができます。
志望校データを、各学級の担任が分担して入力を行うことができますか。
はい、できます。

NET-V2から、志望校の入力の際に「データリフレッシュ機能」
が活用できるようになりましたので、ネットワーク環境下の複数のマシンで、同時に入力が行えるようになりました。
         
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2006-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.