LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
 。   ますますパワフルに!!   進路指導に携わる全国の先生方を強力に支援します。
   
         


























  
 


本ソフトの活用範囲と新データについて



既入力データの転用について



高校関連データの入力



志望校データの入力


受験番号と入試結果の入力


学習評定の取り扱いと入力


進路検討資料の作成について(1)



進路検討資料の作成について(2)



進路検討資料の作成について(3)



志願者一覧表の作成について



志願者を高校・学科ごとに集計する機能について



三者面談資料の個票について



三者面談資料の年間成績について

 

進路検討資料は、現場の必要に応じて、さまざまな内容で作れるようですが、このために、どのような設定が用意されていますか。
大きく、生徒に関する設定と、志望校に関する設定に分けられます。

本ページでは、
志望校に関する設定について説明します。

○生徒に関する評定以外の設定については、こちら
をご参照ください。

○生徒に関する評定の設定については、こちら
をご参照ください。
           

登録されている高校の、すべての学科の志願者を検索する場合は、下図のAに見るモードに、学科を任意に指定して行う場合は、Bに見るモードに設定します。

モードの設定は、こちら
から行うことができます。



また、上の設定により、リストの内容を、公立校に限定することや、男子校に限定することなどもできます。


                 

高校・学科の志願者は、学級、性別のほか、志望校データ(全12)、一般受験者・推薦、入試結果を、任意に設定して行うことができます。

「1次第1」〜「3次第4」までの表示は、実情に合わせて、「第1志望」〜「第12志望」の表示に切り替えられます。

志願者は、上の図のように、資料の中で学科ごとに区切って表記されます。

成績順位の表示
は、仕切られた学科の志願者を母集団とした中で行われます。

入試結果を含めた検索は、過去年度の実績確認にお役立ていただけます。
              

学級単位で資料を作成した場合も、高校・学科の志願者を検索して資料を作成した場合も、各資料に、志望校データを表記することができます。

資料A型の場合

高校・学科を最大50まで選択して横に並べ、その志願者の欄に、下記内容のマークを表記することができます。

(1) [入試結果を表記する]をOFFにした場合、志願者の該当欄に、図のように「*」を記します。

(2) [入試結果を表記する]をONにした場合、志願者の該当欄に、図のように入試結果の凡例を記します。

高校や学科の名称の文字数設定は、こちら
から行えます。



資料B型、C型の場合

これらの資料に、全12の志望校データの中から任意の数だけ指定して表記することができます。



高校や学科の名称の文字数設定は、こちらから行えます。
            

本設定は、高校・学科を指定して、その志願者の一覧表を作成する際、生徒をどのように配置するかを設定するものです。

○専併( -- )
専願、併願の順に配置して区切ります。男女は、学級順・出席番号順に配置します。

○専併(男女)
専願、併願の順に配置して区切り、男子、女子の順に配置します。

○併専(女男)
併願、専願の順に配置して区切り、女子、男子の順に配置します。

○女男(専併)
女子、男子の順に配置して区切り、専願、併願の順に配置します。

下図の左は
専併(男女)、右は併専(女男)で設定して作成した資料です。

         
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2006-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.