LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
 。   ますますパワフルに!!   進路指導に携わる全国の先生方を強力に支援します。
   
         


























  
 


本ソフトの活用範囲と新データについて



既入力データの転用について



高校関連データの入力



志望校データの入力


受験番号と入試結果の入力


学習評定の取り扱いと入力


進路検討資料の作成について(1)



進路検討資料の作成について(2)



進路検討資料の作成について(3)



志願者一覧表の作成について



志願者を高校・学科ごとに集計する機能について



三者面談資料の個票について



三者面談資料の年間成績について
志願者を集計する機能があると聞きましたが、どのような表が作成できますか。
下図のようなスタイルで高校ごとに区切り、志願者の人数を表記します。

また、専願と、これ以外(併願およびその区別のない学科)を、左右に仕切って表記します。




(画像は、印刷プレビューからのものです)
集計表を作成する際に、どのような設定機能が活用できますか。
用意されている設定機能は次の通りです。
  
設 定 内 容
学級・性別 作成対象の学級、性別を設定します。
専願・併願 専、併どちらの受験者に関する一覧表を作成するか設定します。
高校・学科 一覧表を作成する高校・学科を設定します。

同時に、複数を選択し、指定することができます。
志望校データ 全12の中の、どの志望校データを参照して一覧表を作成するか設定します。
入試結果 入試結果の入力が終了している時点においては、対象を、「合格し、入学した生徒」などに限定して集計表を作成することができます。
         
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2006-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.