PLUS版 コマンド:
コマンドの機能:
_each (データ)
選択教科が学期ごとに異なる場合に利用する表記C型の特別用法(1)です
コマンド使用例
次の書式は、2学期の印刷で、下の通知表様式に選択教科・累積第1番目のデータを表記するためのものです。
'=====================================================================================
'                   選択教科
'=====================================================================================
'=================================================
'           累積1
'=================================================
'     【2学期】
'1(中央揃え)/ h(横書き)/ x1/x2/y1/y2/(2学期印刷←)2CK?D(選択/C型/評価)/...
\1/ h/ 7/ 8/ 63/ 66/ setdata_2CK2D1_each/ 1
'1(中央揃え) h(横書き)/ x1/x2/y1/y2/(2学期印刷←)2CB?D(選択/C型/評定)/...
\1/ h/ 8/ 9/ 63/ 66/ setdata_2CB2D1/ 1
'1(中央揃え) v(縦書き)/ x1/x2/y1/y2/(2学期印刷←)2CBMD(選択/C型/教科名称)/...
\1/ v/ 5/ 6/ 63/ 66/ setdata_2CBMD1/ 1
'2(左寄せ) h(横書き)/ x1/x2/y1/y2/(2学期印刷←)2CKKD(選択/C型/観点内容)/...
\2/ h/ 6 + f2/ 7/ 63/ 66/ setdata_2CKKD1/ 1
'2(左寄せ) h(横書き)/ x1/x2/y1/y2/(2学期に印刷←)2CF?D([+]選択/C型/短文所見)/...
\2_m/ h/ 9 + f1/ 10 - f1/ 63 + f1/ 66 - f1/ setdata_2CF2D1_fj/ 1
コマンド解説


選択教科の表記C型は、こちらからご覧いただけるように、同じ教科をどの学期でも選択することを前提として、予め表組みされている表記枠に収まるように、それらを累積してデータを表記するために用意されています。

[_each]コマンドを使用した時別表記の方法は、表記C型の累積表記を、学期ごとに選択する教科が異なる場合でも可能とするために開発されたものです。

[_each]コマンドを使用する際の留意点は、次の通りです。

○上の書式の通り、[_each]コマンドは、学期ごとの書式群の先頭に置かれた、評価または評定に関する書式に記述します。
「コマンド活用講座」のトップページ  このコマンドページのトップ
「活用講座」で取り上げているすべてのコマンドを活用するには、「通知表まるごと作成プロジェクト NET2009」の最新版が必要です。
NET2009のユーザーの方は、弊社のダウンロードサービスのコーナーから最新版プログラムを無料でご入手いただけます。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2011  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.