PLUS版 コマンド:
コマンドの機能:
_free (データ)
記述した書式を、すべての教科で共有できるようにします
コマンド使用例
下の2つの書式で、生徒1名の1学期の観点別評価と評定が表記されます
'-----------------------------
'1学期の評価・評定データ
'-----------------------------
'1(中央揃え) h(横書き) (毎学期印刷←)EHK?D(必修教科/評価)
\1/ h/ 3to7/ 4to8/ 38/ 39/ setdata_EHK1D_free/ 0.9
'1(中央揃え) h(横書き) (毎学期印刷←)EHB?D(必修教科/評定)
\1/ h/ 8/ 9/ 38/ 39/ setdata_EHB1D_free/ 0.9
コマンド解説
[_free]コマンドで作成した教科別学習成績一覧表
  
下の画像をクリックしてPDFファイルがご覧いただけます
  
登録1番目の教科が「国語」である場合、次のように、下記のデータコードに続けて[ 1 ]を記述することで、「国語」に関するデータを表記できますが、他の教科では使用することができません。

  (教科担任)     HTZD1
  (教科名称)     HBMU1
  (代替名称)     OHMU1
  (観点内容)     HKKU1
  (代替内容)     OHKU1
  (評  定)     HB?D1
  (評  価)     HK?D1
  (所  見)     HLRD1
  (短文所見)     HF?D1
  (評定・評価分布) J-?D1
  (試験点数)     ZPFD1


この不便を解消し、上記のデータコードをどの教科にも当てはまるように開発されたのが[_free]コマンドです。

[_free]コマンドは、次のように記述します。


  (教科担任)     HTZD_free
  (教科名称)     HBMU_free
  (代替名称)     OHMU_free
  (観点内容)     HKKU_free
  (代替内容)     OHKU_free
  (評  定)     HB?D_free
  (評  価)     HK?D_free
  (所  見)     HLRD_free
  (短文所見)     HF?D_free
  (評定・評価分布) J-?D_free
  (試験点数)     ZPFD_free


これにより、次のように記述された書式は、


'1(中央揃え) h(横書き) (毎学期印刷←)EHK?D(必修教科/評価)

\1/ h/ 3to7/ 4to8/ 38/ 39/ setdata_EHK1D_free/ 1

'1(中央揃え) h(横書き) (毎学期印刷←)EHB?D(必修教科/評定)
\1/ h/ 8/ 9/ 38/ 39/ setdata_EHB1D_free/ 1

印刷時の設定で選択された、どの教科でも使用できるようになります。

       

また、[_nen]コマンドを書き添えることで、たとえば、3年次の運用環境下において、1年次や2年次のデータを取り扱うことも可能となります。

  (教科担任)     HTZD_free_2nen
  (教科名称)     HBMU_free_2nen
  (代替名称)     OHMU_free_2nen
  (観点内容)     HKKU_free_2nen
  (代替内容)     OHKU_free_2nen
  (評  定)     HB?D_free_2nen
  (評  価)     HK?D_free_2nen
  (所  見)     HLRD_free_2nen
  (短文所見)     HF?D_free_2nen
  (評定・評価分布) J-?D_free_2nen
  (試験点数)     ZPFD_free_2nen


[_free]コマンドは、次のような選択教科「表記A型」のデータコードでも使用することができます。

  (教科担任)     ATZD
_free
  (教科名称)     ABMU
_free
  (代替名称)     OAMU
_free
  (観点内容)     AKKU
_free
  (代替内容)     OAKU
_free
  (評  定)     AB?D
_free
  (評  価)     AK?D
_free
  (所  見)     ALRD
_free
  (短文所見)     AF?D
_free
  (評定・評価分布) K-?D
_free
  (複数併記評定)  LBND
_free

「コマンド活用講座」のトップページ  このコマンドページのトップ
「活用講座」で取り上げているすべてのコマンドを活用するには、「通知表まるごと作成プロジェクト NET2009」の最新版が必要です。
NET2009のユーザーの方は、弊社のダウンロードサービスのコーナーから最新版プログラムを無料でご入手いただけます。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2011  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.