PLUS版 コマンド:
コマンドの機能:
_r1_r2_r3 (データ)
評定分布表において、整数または小数のまるめ方を指定します
コマンド使用例
'(毎学期印刷←)EJJ?D([+]必修教科/評定分布 評定5の割合(整数))
【A】 \3/ h/ 7to16/ 8to17 - f1/ 67/ 68/ setdata_EJJ4D1to9_r1/ 1
'(毎学期印刷←)EJK?D([+]必修教科/評定分布 評定4の割合(整数))
【B】 \3/ h/ 7to16/ 8to17 - f1/ 69/ 70/ setdata_EJK4D1to9_r1/ 1
'(毎学期印刷←)EJL?D([+]必修教科/評定分布 評定3の割合(整数))
【C】 \3/ h/ 7to16/ 8to17 - f1/ 71/ 72/ setdata_EJL4D1to9_r1/ 1
'(毎学期印刷←)EJM?D([+]必修教科/評定分布 評定2の割合(整数))
【D】 \3/ h/ 7to16/ 8to17 - f1/ 73/ 74/ setdata_EJM4D1to9_r1/ 1
'(毎学期印刷←)EJN?D([+]必修教科/評定分布 評定1の割合(整数))
【E】 \3/ h/ 7to16/ 8to17 - f1/ 75/ 76/ setdata_EJN4D1to9_r1/ 1
コマンド解説
上の[JJ?D][JK?D][JL?D][JM?D][JN?D]は、評定5〜評定1の人数の、全体に対する割合を求めて、整数で表記するデータコードです。

同じ割合を小数第1位で表記する場合は、
[JQ?D][JR?D][JS?D][JT?D][JU?D]のデータコードを使用します。

データコードの
[?]の箇所に入る数字は、どの学期に入力されたデータを扱うかを表すもので[1、2、3、4]のいずれかを記述します。

ここで取り上げているコマンド
[_r]は、その丸め方を指定するものです。

整数で表記する場合は次の通りです。
   
 [_r1] ・・・小数第1位を四捨五入
 [_r2] ・・・小数第1位を切り上げ
 [_r3] ・・・小数第1位を切り捨て

小数で表記する場合は次の通りです。
   
 [_r1] ・・・小数第2位を四捨五入
 [_r2] ・・・小数第2位を切り上げ
 [_r3] ・・・小数第2位を切り捨て
「コマンド活用講座」のトップページ  このコマンドページのトップ
「活用講座」で取り上げているすべてのコマンドを活用するには、「通知表まるごと作成プロジェクト NET2009」の最新版が必要です。
NET2009のユーザーの方は、弊社のダウンロードサービスのコーナーから最新版プログラムを無料でご入手いただけます。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2011  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.