ラップエディックソフト / LAP Edc. SOFT   おかげさまで30年。

 [採用検討用] 資料画像集のコーナー

■シリーズ製品リスト
LAP CMI ホームページ|進路指導ソフト|通知表パック|指導要録キット|調査書キット|出席管理ソフト|成績処理ソフト|個票作成|観点別・絶対評価
■機能など
ネットワーク対応 | 制限ユーザー対応 | セキュリティ対策 | 名簿一元化・共有 | 最新プログラム更新機能 | 最新版ダウンロード | カタログ | 製品価格表 | 購入申込書
問い合わせ等 ユーザーサポートのご案内 文化事業・松尾芭蕉翁関連サイト サイトマップ
平成29年度/通知表・指導要録の作成支援
Flash ムービー
Flash ムービー
「ミスがない実績」でセレクト通知表作成の実績の一部を掲載道徳の欄を含む指導要録作成キット【第三版】30年経って今もなお現役で最強特許出願の度数分布グラフ付き個票評価・評定の算出基準を自在に設定進路指導を力強く支援して29年モニターを見ながらの三者面談なら日々の管理、月別の管理、学期別の管理
購入直後に役に立つナビゲート・ドキュメント
LAP CMI シリーズ製品は、教育委員会・センターサーバーを通したデータの一元管理では、2006年来の実績があります
高校受験32 最新版 NET2015
教務用帳票作成 NET2015
通知表まるごと作成プロジェクト
通知表作成の実績集
◇ ◇ ◇
ユーザー校からの活用レポート
指導要録作成キット
調査書作成キット
通知表まるまるパック
出席管理システム
成績処理ソフト NET2015
本体システム ST.WORKER32
観点別・絶対評価処理システム
個票作成システム
進路指導支援ソフト NET2015
全国で使える高校受験32
都道府県別・進路指導支援ソフト
(
高校受験32オプション)
北海道版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
埼玉県版 NET-V4
新発売の案内書と購入申込書
バージョンアップの手引き
データベースのダウンロード
埼玉県公立校入学者選抜に関するデータベースについて
長野県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
茨城県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
千葉県版 NET-V2
神奈川県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
大阪府版 NET-V2
兵庫県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
マルチ相関表32
帳票作成関連・ユーザーサポート
通知表作成講座
コマンド活用講座
通知表作成のための技術情報
ユーザーサポート
ダウンロードサービス
製品の使い方に関するサポート
自然災害・被災ユーザーサポート
バージョンアップについて
会社概要
個人情報保護ポリシー
セキュリティ
サイトマップ
HPクイックリファレンス
  
通知表まるごと作成プロジェクト NET2015 特別パッケージ製品のご案内
「通知表まるまるパック」に関するご質問と、これに対する回答をまとめて紹介するコーナーです。
「通知表まるまるパック」は、学校ごとに異なる様式の通知表を、1校ごとにプログラムを組んで納品する製品ですか。
いいえ、違います。

プログラムは、どちらの学校でも、「通知表まるごと作成プロジェクト」という製品をご使用いただきます。

これに、弊社開発の「コンピュータを利用した、パラメータ読み取り式書類様式作成システム」が搭載され、このシステムに、「どのような通知表を作るか」という情報を伝達して、印刷まで行う仕組みになっています。

情報伝達を担うのが「パラメータ書式」という、処理内容を簡略化して記述されたテキストです。

このテキストで、学校ごとに異なるどのような様式の通知表でも、その様式情報を本システムに伝達することができます。

こうした機能により、1つの同じプログラムで、さまざまな様式体裁の通知表や、指導要録、調査書などが作成できるようになっています。
 
「通知表まるまるパック」の案内に戻る
プログラムやExcelのマクロを組んだ経験はありませんが、独自で、「パラメータ書式」を記述することはできますか。
  

「難しそうなので、通知表まるまるパックの方が」、などの意見が出ています。
通知表作成の基盤となる「コンピュータを利用した、パラメータ読み取り式書類様式作成システム」は、そうした経験がなくても作れるように開発されたものです。

「パラメータ書式」を記述する方法は、「通知表作成講座」
や「コマンド活用講座」で公開していますのでご参照ください。

こちら
からご覧いただける、ユーザーの方の取り組みに関するレポートも参考になります。

こうした環境提供の中、なかなか時間が割けない先生方をサポートする目的で、2006年、通知表作成代行のサービスが始まりました。

これが、「通知表まるまるパック」製品の由来となっています。
  
「通知表まるまるパック」の案内に戻る
「通知表まるまるパック」が納品された後、データの入力や通知表の印刷を行う前に、どのような作業を行う必要がありますか。
  

作業内容が難しくなければよいのですが。
次のボタンをクリックしてご覧いただけるサンプル・ドキュメントの通り、短時間で行える操作のみで、通知表作成用のデータシステムを構築していただくことができます。



本ドキュメント「納品ファイルの取り扱い方について」は、各学校様が通知表を作成される環境に合わせて記述しており、ご覧いただけるサンプルは、通知表をネットワークの環境で作成される場合のものです。
  
「通知表まるまるパック」の案内に戻る
注文してから納品まで、日数はどのくらいかかりますか。

また、代金の支払いはいつ、どのように行いますか。
ご注文をいただきましたら、まず、「通知表まるごと作成プロジェクト」の製品をお届けしています。

その際に添付されるこちら
の文書の通り、通知表見本が弊社に届きましたら、ご注文の受け付け順に、「打ち合わせ」から始まる通知表作成の取り組みを開始します。

中学校用の通知表の場合、打ち合わせ完了から3日程度、小学校用の場合でも1週間程度で、納品コンテンツの発送が可能です。

「通知表まるまるパック」の代金は、納品コンテンツが到着した後に、指定銀行の口座にお振込みいただく方法で、お支払いいただいております。

ご注文の際にご連絡をいただければ、納品コンテンツが到着した後、1ヶ月以上の後払いにも対応させていただいております。
     
「通知表まるまるパック」の案内に戻る
本校では、この春から「通知表まるまるパック」を活用したいと考えていますが、まだ通知表の様式体裁が決まっていません。
  
こうした状況下でも、1学期の配布に間に合わせる手立てがあれば教えてください。
「通知表まるまるパック」購入の予約受付サービスをご利用いただけます。

これは、「
注文は先でも、希望の配布時期に間に合わせたい」とされる場合に有効です。

本サービスをご利用の場合、作業スケジュールが、通常注文の場合に準じて受け付け順に組まれ、作業の進捗状況としては、「通知表見本の到着待ち扱い」となります。

正式注文後、通知表見本を受領次第、「打ち合わせ」から始まる作業工程が開始され、ご希望の配布時期に間に合うように納品コンテンツが発送されます。

予約の受け付けは、電話番号 022-366-4405、FAX番号 022-362-8477 にて承っております。
  
「通知表まるまるパック」の案内に戻る
「通知表まるまるパック」は、データの入力だけで通知表が完成するとのことですが、教科名称や観点内容などは、登録済みで納品されるのですか。
  
また、データ入力の要領などで戸惑うことはありませんか。
はい、各種登録や設定は、弊社が代行して納品されますので、ユーザー様は、これらを行う必要がありません。

不明な点は、「打ち合わせ」の際にお聞きし、すべての登録・設定を完了して、お届けしています。

データ入力については、ユーザー様ごとに作成される「データ入力の手引き」をもとに進めることができますので、戸惑うなどのご心配は不要です。


  
  
「通知表まるまるパック」の案内に戻る
Excelで入力された生徒名簿や通知表に関わるデータがあります。
  
これを、「通知表まるごと作成プロジェクト」で使用することができますか。
はい、通知表に関わるすべてのデータを、Excelのワークシートから本ソフト側のワークシートに貼り付ける方法で、取り込んで転用できます。

また、本ソフト側のデータも、自動的にExcelのシートに書き出す方法で、Excelとの互換が図れます。
  
「通知表まるまるパック」の案内に戻る
ネットワークの環境で「通知表まるごと作成プロジェクト」を使用することを考えています。
  
本ソフトを複数のパソコンで同時に起動した上で、共有設定フォルダのファイルに同時にアクセスし、データの入力を進めることができますか。
はい、できます。

現在、多くのユーザー様がネットワークの環境で、こちら
で紹介している機能を活用されています。
  
「通知表まるまるパック」の案内に戻る
通知表の印刷は、どのような方法で行いますか。
  
通知表の印刷の行い方は学校ごとに違うと思いますが、説明書は、本校が希望する通知表の作成方法に合った内容で記述してもらえますか。
次のボタンをクリックしてご覧いただけるサンプル・ドキュメントの通り、印刷の行い方は、「通知表まるまるパック」をご注文された学校様の実情に、完全に合わせた内容で説明されます。

  
「通知表まるまるパック」の案内に戻る
当方の市においては、教員1人に1台ずつパソコンが配備されていますが、どのパソコンも、ソフトを制限ユーザーのアカウントで使用することになっています。
  
「通知表まるごと作成プロジェクト」は、こうした環境で運用できますか。
はい、できます。

セットアップを行った後、第1回目の起動は管理者権限で行っていただくことになりますが、その後は、制限ユーザー(標準ユーザー)の環境でご利用いただくことができます。
  
  「通知表まるまるパック」の案内に戻る

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト (Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2011-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.