ラップエディックソフト / LAP Edc. SOFT   おかげさまで30年。

 [採用検討用] 資料画像集のコーナー

■シリーズ製品リスト
LAP CMI ホームページ|進路指導ソフト|通知表パック|指導要録キット|調査書キット|出席管理ソフト|成績処理ソフト|個票作成|観点別・絶対評価
■機能など
ネットワーク対応 | 制限ユーザー対応 | セキュリティ対策 | 名簿一元化・共有 | 最新プログラム更新機能 | 最新版ダウンロード | カタログ | 製品価格表 | 購入申込書
問い合わせ等 ユーザーサポートのご案内 文化事業・松尾芭蕉翁関連サイト サイトマップ
平成29年度/通知表・指導要録の作成支援
Flash ムービー
Flash ムービー
「ミスがない実績」でセレクト通知表作成の実績の一部を掲載道徳の欄を含む指導要録作成キット【第三版】30年経って今もなお現役で最強特許出願の度数分布グラフ付き個票評価・評定の算出基準を自在に設定進路指導を力強く支援して29年モニターを見ながらの三者面談なら日々の管理、月別の管理、学期別の管理
購入直後に役に立つナビゲート・ドキュメント
LAP CMI シリーズ製品は、教育委員会・センターサーバーを通したデータの一元管理では、2006年来の実績があります
高校受験32 最新版 NET2015
  
(1)フォルダ設定を行うだけで、「データ一元化」が図れる機能
開発/初装備:2001年
  
(2)何の制約も受けずに、複数のパソコンで「同時入力」ができる機能
開発
/初装備:2001年
  
(3)インターネットに非接続のパソコンでも最新プログラムを保持できる機能
開発
/初装備:2007年
  
(4)[セキュリティ対策] ユーザーアカウントごとにパスワードが設定できる機能
開発
/初装備:2001年
  
(26)[セキュリティ対策] パスワードを初期化できる機能
開発
/初装備:2014年
  
(5)[セキュリティ対策] 生徒データを画面表示から守るブラインド機能
開発
/初装備:2009年
  
(6)Microsoft Excelに、シリーズ製品で作った一覧表を自動で書き出す機能
開発
/初装備:2009年
  
(7)Microsoft Excelのデータをシリーズ製品側に取り込む機能
開発
/初装備:1998年
  
(8)所見文字列をテンプレートとして作成・管理できる機能
開発
/初装備:2009年
  
(9)ユーザーと共に築き上げた豊富な帳票の作成機能
開発
/初装備:1987年〜
  
(27)試験ごとに、個票の縮小・拡大印刷の比率設定が1%刻みで可能な機能
開発
/初装備:2014年
  
(10)用紙に合わせ、様式やフォントの大きさを自動で変えて印刷する機能
開発
/初装備:1997年
  
(11)志望校を最大12まで、コード番号で入力できる機能
開発
/初装備:1988年
  
(12)進路検討資料を、必要に応じた内容で作成できる機能
開発
/初装備:1988年〜
  
(13)点数、偏差値、評定、自由データで合否判定を行う機能
開発
/初装備:1988年〜
  
(14)自由な比率で「内申点+試験合計」を求めて、合否判定ができる機能
開発
/初装備:2006年
  
(15)試験を自由に選んで、個人成績の推移を確認できる機能
開発
/初装備:1990年
  
(16)抜群のデータチェック環境を提供するスーパープレビュー機能
開発
/初装備:2007年
  
(17)試験ごとに、3種合計の算出科目を随時、自由に設定できる機能
開発
/初装備:1987年
  
(18)個人成績表を、様々なコンテンツを組み込んで作成できる機能
開発
/初装備:2007年
  
(19)「生徒のやる気」を喚起する目的で開発された度数分布作成機能
開発
/初装備:2007年
  
(20)任意のグラフ棒や分布表区画に該当する生徒を表示する機能
開発
/初装備:1996年
  
(21)ENTERキーの打鍵なしで次のセルにフォーカスを移動できる機能
開発
/初装備:1993年
  
(22)通知表などが手軽に作成できる、パラメータ記述式の機能
開発
/初装備:2005年
  
(23)任意に設定して評価と評定を自動算出できる機能
開発
/初装備:2002年
  
(24)出席簿のデータを、通知表、調査書、指導要録用に自動集計できる機能
開発
/初装備:2006年
  
(25)リアルタイム集計のエリアを備えたワークシートの作成機能
開発
/初装備:2009年
教務用帳票作成 NET2015
通知表まるごと作成プロジェクト
通知表作成の実績集
◇ ◇ ◇
ユーザー校からの活用レポート
指導要録作成キット
調査書作成キット
通知表まるまるパック
出席管理システム
成績処理ソフト NET2015
本体システム ST.WORKER32
観点別・絶対評価処理システム
個票作成システム
進路指導支援ソフト NET2015
全国で使える高校受験32
都道府県別・進路指導支援ソフト
(
高校受験32オプション)
北海道版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
埼玉県版 NET-V4
新発売の案内書と購入申込書
データベースのダウンロード
埼玉県公立校入学者選抜に関するデータベースについて
長野県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
茨城県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
千葉県版 NET-V2
神奈川県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
大阪府版 NET-V2
兵庫県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
マルチ相関表32
帳票作成関連・ユーザーサポート
通知表作成講座
コマンド活用講座
通知表作成のための技術情報
ユーザーサポート
ダウンロードサービス
製品の使い方に関するサポート
自然災害・被災ユーザーサポート
バージョンアップについて
会社概要
個人情報保護ポリシー
セキュリティ
サイトマップ
HPクイックリファレンス
  
本ページに関するご感想をお送りいただく場合にご利用ください。
ラップエディックソフトは、1987年から、
校務で役立つ様々な機能を、
他社に先駆けて開発してきました。
本ページでは、開発年を添えて
そのすべてを紹介しています。

(1)フォルダ設定を行うだけで、「データ一元化」が図れる機能
  
ネットワーク対応機能
共有フォルダをデータファイル収録のフォルダとして設定するだけで、「データリフレッシュ」機能をメインとするネットワーク対応の環境でデータ処理が行えます。
シリーズ製品をネットワークの環境で活用する上で、特にサーバーマシンが設置されている必要はありません。
開発年など 2001年。当年、成績処理ST.WORKER32に初装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト進路指導支援ソフトネットワーク対応の都道府県版
ライセンス 本機能は、無制限ライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/nw_network.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(2)何の制約も受けずに、複数のパソコンで「同時入力」ができる機能
  
データリフレッシュ機能
ネットワークでつながれた複数のパソコンから同一のデータファイルに同時にアクセスし、データの入力を行うことを可能にする機能です。
本機能の働きにより、メモリ上の古いデータで、他機で書き込まれた新しいデータを上書きしてしまう恐れがありません。
開発年など 2001年。当年、成績処理ST.WORKER32に初装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト進路指導支援ソフトネットワーク対応の都道府県版
ライセンス 本機能は、無制限ライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/nw_network.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(3)インターネットに非接続のパソコンでも最新プログラムを保持できる機能
  
自動アップデート機能
ネットワークでつながれた1台のパソコンに、アップデート用のコンテンツを収録しておくだけで、ネットワークの環境下にあるどのパソコンでも、最新のプログラムにアップデートして運用することができます。
本機能を活用することにより、インターネットに接続できないパソコンでも、常に最新のプログラムを保持することができます。
開発年など 2007年。当年、下記ソフトに装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト進路指導支援ソフトネットワーク対応の都道府県版
ライセンス 本機能は、無制限ライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/nw_sutoud.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(4)[セキュリティ対策] ユーザーアカウントごとにパスワードが設定できる機能
  
パスワード設定機能
シリーズ製品が不正に起動、操作、閲覧されることを防ぐために、特殊な暗号化処理で保全されるパスワードの設定機能が装備されています。
パスワードは、管理者および各制限ユーザーのアカウントごとに設定することができます。
左は、通知表・指導要録・調査書等作成ソフトからのものです。
開発年など 2001年。当年、成績処理ST.WORKER32に初装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト進路指導支援ソフトネットワーク対応の都道府県版
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/nw_password.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(26)[セキュリティ対策] パスワードを初期化できる機能
  
パスワード初期化機能
弊社考案の「パスワードを登録する個人の方のみが知る数字で、かつ、記憶する必要が無い特別な数字」で入力していただく「シークレット番号」の処理機能により、管理者の力を借りず、個人のレベルで、随時、パスワードを出荷時の状態に初期化できるようにしました。
初期化していただいた後は、任意の文字列で改めてパスワードを設定することができます。
開発年など 2014年。当年、下記ソフトに初装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト進路指導支援ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/lapcmi_2015.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(5)[セキュリティ対策] 生徒データを画面表示から守るブラインド機能
  
ブラインド機能
該当のボタンをクリックすると瞬時に、操作中のウィンドウをディスプレイから消し、代わりにパスワードの入力画面を表示する機能です。
これにより、パスワードの認証が行われるまで、消えたウィンドウを元に戻すことができなくなります。
ブラインド機能は、モーダルダイアログが表示された状態でも機能します
開発年など 2009年。当年、下記ソフトに初装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト進路指導支援ソフトネットワーク対応の都道府県版 NET-V3バージョン
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/nw_password.htm#blind
[ 戻る ]  本ページのトップ
(6)Microsoft Excelに、シリーズ製品で作った一覧表を自動で書き出す機能
  
Excelとのデータ相互活用
シリーズ製品で作成された一覧表を、列幅やフォントサイズを維持したままMicrosoft Excelに書き出す機能です。
書き出し機能は、Excel 2000、2003、2007、2010のいずれにも対応しています。
書き出しは、ワークシートから専用のダイアログを呼び出し、対象の列を任意に選択した上で行うことができます。所見などの文字列データに改行コードが含まれる場合は、Excel互換に変換して書き出します。
こちらから、書き出しの例がご覧いただけます。
開発年など 2009年。当年、下記ソフトに装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト進路指導支援ソフトネットワーク対応の都道府県版 NET-V3バージョン
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/lapcmi_2009_ntc_j01.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(7)Microsoft Excelのデータをシリーズ製品側に取り込む機能
  
Excelとのデータ相互活用
シリーズ製品で取り扱うすべての生徒データが相互活用の対象となります。
Excelで入力済みの生徒データがある場合は、Excelシートのデータをシリーズ製品側のワークシートに貼り付ける操作で、簡単に取り込むことができます。
所見の文字列に改行コードが含まれている場合でも、そのままのイメージでシリーズ製品側に取り込めます。
Excelとシリーズ製品側の生徒については、コード番号で一意対応を確認しますので、両ワークシート上の生徒配置および生徒人数は同一である必要がありません。
Excel以外の表計算ソフトで入力されたデータも、Excelの場合と同じ要領でシリーズ製品側に取り込むことができます。
開発年など 1998年。当年、成績処理ST.WORKER32に初装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト進路指導支援ソフト都道府県別進路指導支援ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/stxp02.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(8)所見文字列をテンプレートとして作成・管理できる機能
  
テンプレートブックの機能
通知表や調査書、指導要録などに表記する所見文字列の雛形を、最大10の内容に分類し、ブックとして管理できます。
本機能の最大の特徴は、テンプレートブックのシートから任意の文字列を選択し、これを、自動で生徒の入力欄に転送できるところにあります。
開発年など 2009年。当年、下記ソフトに装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフトネットワーク対応の都道府県版 NET-V3バージョン
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/lapcmi_2009_ntc_c02.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(9)ユーザーと共に築き上げた豊富な帳票の作成機能
  
各種帳票・グラフの作成機能
さまざまな帳票やグラフに、1987年からの現場の声が反映されています。
多くの帳票に、弊社オリジナルの有用機能が、様々な形で盛り込まれています。
こちらから、帳票作成機能や印刷例がご覧いただけます。
定期・実力・自由試験用の帳票集
定期・実力・自由試験用のグラフ集
観点別・絶対評価の帳票集
NET2009で追加された絶対評価の帳票
相対評価の帳票集
個票の印刷例
開発年など 1987年〜。成績処理ST.WORKER32はLAP CMI シリーズ製品の原点です。
活用できる製品 成績処理ソフト(標準版・フルセット版)
観点別・絶対評価は、フルセット版、観点別・絶対評価処理ソフト(単体販売製品)
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ 上のリンクからご覧いただけます。
[ 戻る ]  本ページのトップ
(27)試験ごとに、個票の縮小・拡大印刷の比率設定が1%刻みで可能な機能
  
試験別比率設定機能
成績処理ST.WORKER32において、個票の、大きさの比率の設定が1通りに限られる場合、調整を重ねて決められた過去の試験の個票を、当時と同じ大きさで印刷することは極めて困難になります。      
NET2015では、こうした場合にも対応できるように、大きさの比率を試験ごとに記録できる機能を装備しました。
巨大な帳票も
1枚の用紙に収めて印刷
通知表・指導要録・調査書等作成ソフトでは、教科の評価・評定一覧表など、巨大な表を印刷するケースがでてきます。

こうした場合も、1%刻みで設定し、1枚の用紙に楽々収めて印刷できます。
設定した比率を記録することができますので、設定する時間を省き、短時間で必要な帳票を印刷することができます。
開発年など 2014年。当年、下記ソフトに装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト進路指導支援ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/lapcmi_2015.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(10)用紙に合わせ、様式やフォントの大きさを自動で変えて印刷する機能
  
様式作成用のプリントエンジン
各種帳票の様式サイズが、使用する用紙に合わせて自動で縮小・拡大し、これに合わせてフォントの大きさも自動で適正サイズに変化します。
様式のサイズは、「占有率」の設定で自由に縮小・拡大できますが、これに伴って、フォントの大きさも自動で適正サイズに変化します。
本機能は、「通知表まるごと作成プロジェクト」や「長野県版」などに、様式印刷の要として受け継がれています。
開発年など 1997年。当年、都道府県別進路指導支援ソフト「埼玉県版」に初装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト都道府県別進路指導支援ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/nw_pdjh_senyuuritu.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(11)志望校を最大12まで、コード番号で入力できる機能
  
手早くできる志望校の入力機能
志望校は、生徒1人あたり最大12まで記録できますので、入力時期、前期・後期受検、公立・私立受検などに区分けして入力が行えます。
志望校の入力は、コード番号による入力方式を採っていますので、ENTERキー不要の入力機能を活用しながら、手早く行うことができます。
開発年など 1988年。当年、下記ソフトに装備されています。
活用できる製品 進路指導支援ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/jkxp04.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(12)進路検討資料を、必要に応じた内容で作成できる機能
  
全国の中学校で使える
進路検討資料の作成機能
進路指導で必要となるデータを、自由に選択して資料を作成できる機能です。
進路検討資料A型
進路検討資料B型
進路検討資料C型
こちらから、資料B型に組み入れるデータを選択する画面がご覧いただけます。
作成した資料は、Microsoft Excelのシートに自動で書き出すことができます。
書き出し機能は、Excel 2000、2003、2007、2010のいずれにも対応しています。
開発年など 1988年〜。当年から、数々の有用機能が追加され、現在の「高校受験32」 NET2009バージョンの作成機能に到っています。
活用できる製品 進路指導支援ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ 進路検討資料の作成について(1)
http://www.laphouse.com/jkxp07.htm

進路検討資料の作成について(2)
http://www.laphouse.com/jkxp08.htm

進路検討資料の作成について(3)
http://www.laphouse.com/jkxp09.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(13)点数、偏差値、評定、自由データで合否判定を行う機能
  
1988年から
実績を積み重ねている
合否判定機能
合否判定基準は、高校の学科ごとに、点数、偏差値、評定、自由データに分けて設定できます。
進路検討資料A、B、Cで、点数、偏差値について合否判定が行えます。
また、Microsoft Excelなどに用意されている自由データ、または、「高校受験32」で算出された自由データを基にして合否判定が行えるほか、必要がある場合は、評定に関する単純・換算合計についても、基準値と照合した結果を表記することができます。
開発年など 1988年〜。当年、「高校受験」に、まず点数と偏差値による合否判定機能が装備されています。
活用できる製品 進路指導支援ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/jkxp07.htm#03_2
[ 戻る ]  本ページのトップ
(14)自由な比率で「内申点+試験合計」を求めて、合否判定ができる機能
  
総計の算出と合否判定の機能
「内申点+試験合計」の総計は、随時、全15の試験、全9学期分の評定の中から任意に選択し、比率を自由に設定して算出することができます。
算出された総計は、「自由データ」として進路検討資料に取り込み、4段階で合否判定を行うことができます。
開発年など 2006年。当年、下記ソフトに装備されています。
活用できる製品 進路指導支援ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/jkxp01.htm#01_1
[ 戻る ]  本ページのトップ
(15)試験を自由に選んで、個人成績の推移を確認できる機能
  
年間成績表とグラフを作成する機能
蓄積された試験成績から任意の試験を選択して、成績一覧表と推移グラフが作成できる機能です。
次の「総合グラフ」も作成できます。
開発年など 1990年。当年、成績処理ST.WORKERに初装備されています。
活用できる製品 成績処理ソフト進路指導支援ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/jkxp13.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(16)抜群のデータチェック環境を提供するスーパープレビュー機能
  
スーパープレビュー機能
データのみを任意の色で設定し、超拡大サイズでプレビューを表示することができます。
スーパープレビューから、直接、他の生徒の帳票に切り替えることができます。
スクロール位置を固定し、複数の生徒について、特定の個所のデータを連続して確認することができます。
スーパープレビューから、直接、印刷を行うこともできます。
開発年など 2007年。当年、「通知表まるごと作成プロジェクト」に初装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフトネットワーク対応の都道府県別進路指導支援ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/tcsr_imgs01_5_hy.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(17)試験ごとに、3種合計の算出科目を随時、自由に設定できる機能
  
科目登録は、汎用版が26科目まで、
高等学校版は50科目まで可能です。
合計算出科目の設定機能
試験ごとに、3種の合計点の算出科目を設定することができます。
合計点の算出科目は、随時、自由に変更できます。
男女別・統計処理指定の科目を含む合計は、それ自身についても男女別に統計値が算出されます。
開発年など 1987年。当年、成績処理ST.WORKERに初装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/stxp01.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(18)個人成績表を、様々なコンテンツを組み込んで作成できる機能
  
コンテンツ組み込み式
個票作成機能
生徒感想文の欄や、生徒へのコメント、学級単位のコメントが組み込める他、全6種・10内容のグラフを任意に選択し、本格的な個票を作成することができます。
コンテンツの縦・横の伸縮が可能です。
こちらから、各コンテンツの設定機能がご覧いただけます。
個票の印刷サンプルは、こちらからご覧いただけます。
開発年など 2007年。当年、成績処理ST.WORKER32に装備されています。
活用できる製品 成績処理ソフト個票作成ソフト(単体販売製品)
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/stin_kohyou00.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(19)「生徒のやる気」を喚起する目的で開発された度数分布作成機能
  
目盛り付き要素位置明示式
度数分布グラフ描画機能
「個票に順位の数字は載せにくい」、「一般の分布グラフでは大凡の本人位置しか掌握できない」といった課題を解決できる描画法です。
本機能を活用することにより、生徒の順位情報を含めた多角的な統計データの提供媒体として利用することができます。
こちらから、本機能の詳しい説明がご覧いただけます。
開発年など 2007年。当年、成績処理ST.WORKER32に装備されています。
活用できる製品 成績処理ソフト個票作成ソフト(単体販売製品)
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/stxp_newsp.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(20)任意のグラフ棒や分布表区画に該当する生徒を表示する機能
  
グラフや分布表からの検索機能
必要がある場合は、左のマルチグラフから任意のグラフ棒に該当する生徒を検索し、その結果を次のように表示することができます。
必要がある場合は、分布表についても区画を任意に選択して、これに該当する生徒を上のように表示することができます。
開発年など 1996年。当年、成績処理ST.WORKER32に装備されています。
活用できる製品 成績処理ソフト(標準版・フルセット版)
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/stxp05.htm#g04
[ 戻る ]  本ページのトップ
(21)ENTERキーの打鍵なしで次のセルにフォーカスを移動できる機能
  
ENTERキー打鍵不要の
桁決め入力機能
作業の効率と入力作業の負荷の軽減を目指し、MS-DOS版の時代から装備されている機能で、「1つのセルに設定した桁数だけ入力すると、自動的に、フォーカスが右のセルまたは下のセルに移動する」というものです。
本機能を利用することにより、打鍵は数字キーのみとなりますので、入力ミスを防ぐことができると同時に、よりスピーディーに入力作業を進めることができます。
教務用帳票作成ソフトにおいて、本機能は、桁数の設定を省略された形で、各種評価・評定の入力ウィンドウや出席管理の入力ウィンドウに組み込まれています。
開発年など 1993年。当年、成績処理ST.WORKER32に初装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト進路指導支援ソフト
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/stxp03.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(22)通知表などが手軽に作成できる、パラメータ記述式の機能
  
パラメータ記述式通知表作成機能
プログラミングやマクロを組むなどの特別な技術を必要とせずに、どなたでも、手軽に、ご希望のスタイルの通知表などが作成できる機能です。
こちらから、本機能で作成した通知表のサンプルがご覧いただけます。
本機能で作成可能な小学校、中学校の指導要録をキットとして販売しています。
詳しくは、
こちらの案内ページをご参照ください。
開発年など 2005年。当年、「通知表まるごと作成プロジェクト」に装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト
通知表は標準版で作成できます。
調査書や指導要録などの帳票はPLUS版で作成できます。
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.tx-project.com/txp03.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(23)任意に設定して評価と評定を自動算出できる機能
  
観点別・絶対評価処理機能
基準値を任意に設定して、観点別評価を自動で算出することができます。
基準値と算出した観点別評価を基にして、教科評定を自動で算出することができます。
算出された評価、評定に対する調整機能が利用できます。
算出された評価、評定は、教務用帳票作成ソフトや進路指導支援ソフトのデータとして利用できます。
NET2009で、こちらの帳票作成機能が追加されています。
開発年など 2002年。当年、「観点別・絶対評価処理システム」に装備されています。
活用できる製品 成績処理ソフト(フルセット版)、観点別・絶対評価処理ソフト(単体販売製品)
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/stin_kantenbetu00.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(24)出席簿のデータを、通知表、調査書、指導要録用に自動集計できる機能
  
出席簿データの集計機能
次の内容で記録されている出席簿データをもとにして、通知表や調査書などに表記するデータを自動で月別学期別に集計できる機能です。        
NET2009バージョンでは、学期別に集計を行う際、月ごとに日付を設定することもできます。
開発年など 2006年。当年、「通知表まるごと作成プロジェクト」に装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト(PLUS)、出席管理ソフト(単体販売製品)
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.tx-project.com/shussekikanri00.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ
(25)リアルタイム集計のエリアを備えたワークシートの作成機能
評価・評定の集計値を
リアルタイムで表示
NET2009バージョンで追加された機能です。      
本機能は、必修教科と選択教科の評価・評定入力ウィンドウ、行動の記録入力ウィンドウで活用できます。      
成績処理ソフトにおいて、本機能は、教科別に管理されている評価・評定を、全教科型の一覧表として作成する際に活用できます。
開発年など 2009年。当年、下記ソフトに装備されています。
活用できる製品 通知表・指導要録・調査書等作成ソフト成績処理ソフト(フルセット版)、観点別・絶対評価処理ソフト(単体販売製品)
ライセンス 本機能は、シングルと無制限、両方のライセンスで利用できます。
機能説明ページ http://www.laphouse.com/lapcmi_2009_ntc_s01.htm
[ 戻る ]  本ページのトップ

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト (Tel) 022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2009-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.