ラップエディックソフト / LAP Edc. SOFT   おかげさまで30年。 [採用検討用] 資料画像集のコーナー
■シリーズ製品リスト
LAP CMI ホームページ|進路指導ソフト|通知表パック|指導要録キット|調査書キット|出席管理ソフト|成績処理ソフト|個票作成|観点別・絶対評価
■機能など
ネットワーク対応 | 制限ユーザー対応 | セキュリティ対策 | 名簿一元化・共有 | 最新プログラム更新機能 | 最新版ダウンロード | カタログ | 製品価格表 | 購入申込書
問い合わせ等 ユーザーサポートのご案内 通知表作成ユーザーズレポート サイトマップ
平成28年度/通知表・指導要録の作成支援
Flash ムービー
Flash ムービー
購入直後に役に立つナビゲート・ドキュメント
LAP CMI シリーズ製品は、教育委員会・センターサーバーを通したデータの一元管理では、2006年来の実績があります
高校受験32 最新版 NET2015
教務用帳票作成 NET2015
通知表まるごと作成プロジェクト
通知表作成の実績集
◇ ◇ ◇
ユーザー校からの活用レポート
指導要録作成キット
調査書作成キット
通知表まるまるパック
出席管理システム
成績処理ソフト NET2015
本体システム ST.WORKER32
観点別・絶対評価処理システム
個票作成システム
進路指導支援ソフト NET2015
全国で使える高校受験32
都道府県別・進路指導支援ソフト
(
高校受験32オプション)
北海道版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
埼玉県版 NET-V4
新発売の案内書と購入申込書
バージョンアップの手引き
データベースのダウンロード
埼玉県公立校入学者選抜に関するデータベースについて
長野県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
茨城県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
千葉県版 NET-V2
神奈川県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
大阪府版 NET-V2
兵庫県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
マルチ相関表32
帳票作成関連・ユーザーサポート
通知表作成講座
コマンド活用講座
通知表作成のための技術情報
ユーザーサポート
ダウンロードサービス
製品の使い方に関するサポート
自然災害・被災ユーザーサポート
バージョンアップについて
会社概要
個人情報保護ポリシー
セキュリティ
サイトマップ
HPクイックリファレンス
三木市立教育センター様のホームページ
兵庫県三木市立教育センターの所長を務めておられる梶本佳照先生には、教壇に立っておられたころから、弊社の製品がMS-DOS版であったころから、LAP CMI シリーズ製品をご愛用いただいておりました。
教育センターにおかれては、2005年に発売開始された「通知表まるごと作成プロジェクト」の「パラメータ記述式」にご賛同をいただき、2005年から2012年の現在まで、市内の小学校・9校、中学校・2校において、ネットワークの環境で、本ソフトを出席管理や通知表作成などでご活用いただいております。
通知表作成のためのパラメータ書式は弊社で作成し納品させていただきましたが、後年、様式が改まった箇所については、パラメータ書式に堪能な教育センターの方が、独力で書き換えて対応しておられます。
「通知表まるごと作成プロジェクト」に装備されている出席管理機能は、2006年に、梶本先生をはじめとする教育センターの協力をもとに開発が行われたもので、現在は、日々の出欠データ管理の役割はもとより、月別、学期別データの提供元として、本ソフトに欠かせない機能となっています。
○梶本先生は、2014年4月より、環太平洋大学で次世代教育学部教授を勤めておられます。
2005年に発売開始以来、パラメータ記述式を活用した通知表の作成機能について、全国のユーザー校から高い評価をいただいております。
弊社は、2005年の2学期または前期の通知表配布が終了した時点で、本ソフトの使用感レポートを募らせていただきましたが、その結果、通知表作成のために本ソフトを導入していただいた経緯や、緊張感が直に伝わる現場の取り組みの様子、本ソフトを活用して得られた成果など、貴重なレポートが数多く寄せられました。
この中で共通して寄せられたのは、通知表が、ユーザー校独自の様式通りに作成できたことをお伝えいただくレポートでした。
通知表は、同じ地区内でも相違するなど千差万別であることから、果たして自校の通知表が思い通りに作成できるか、不安に思われた方もおられたようですが、ユーザー校においては、どちらも問題無く配布の段階まで達せられたことがレポートされました。
また、多くの方が作業時間の短縮について触れられ、具体的には、各種スタンプの押印が不要になったことや、評価・評定を通知表に転記する必要がなくなったこと、出欠席の集計作業が不要になったことなどを挙げておられます。
この他に、Microsoft Excelと本ソフトとのデータ互換に関するレポートも多く見られました。
お寄せいただいたレポートにつきましては、その一部を、ユーザー校の掲載許可をいただいた上で本ページに載せております。
茨城県行方市の私立学校様
「通知表まるごと作成プロジェクト」について
「通知表をパソコンで作れるようになるといいですね」と、担任の先生たちの間で話が出たのは今から2〜3年前のことでした。しかし、パソコンを前にしていざ自分たちで作ろうと意気込んでみても技術的には追いつかず、市販のソフトで何かいいものがないかと検討してみてもなかなか自分たちの感覚や予算にフィットするものはありませんでした。しかし、今年4月に情報処理担当の教諭から貴社の「通知表まるごと作成プロジェクト」を紹介され、半信半疑で連絡を取ってみると、求めていたものがあったのです。担当の方の説明も的を射たものであり、導入後も親切丁寧で小回りのきいたサポートがありました。セルフビルド感覚で通知表を作成することのできるこのソフトは、仕上がりも美しく、自分たちの希望に添った通知表を作成することができます。
埼玉県さいたま市北区の公立学校様
「通知表まるごと作成プロジェクト」を使って
 本校では以前から各教科の評価・評定をパソコンで処理している教員が多く、処理した結果をそのまま通知表に反映できないかなどと言う意見が多かった。しかし、パソコンを使って通知表を作成している他校の様子を聞くと、「通知表はパソコンに非常に精通している人が作ったものでやっている」ということであった。これはその教員が転勤すれば通知表が作成できないということにもなる。このようなことから、本校では主に以下の点から本ソフトウェアの導入を決定した。
  ・通知表の書式に柔軟に対応できること。
  ・通知表の書式変更に伴うソフトウェアの設定操作が誰にでもでき、
   毎年継続的に利用できる。
  ・ソフトウェアを開発した会社に実績がありユーザーサポートが
   充実していること。
  ・ソフトウェアの無制限(教員全員)ライセンスでも安価なこと。
 5月中旬頃に本ソフトウェアを購入した。ソフトウェア購入から1学期の終業式まで時間的に余裕がなかったので、かなり心配であった。しかし、操作そのものは比較的簡単で書式設定の際のパラメータ記述が若干時間がかかったものの、本校の教育課程に対応した通知表書式ができあがった。各学年の「通知表作成係」は作成手順書や操作テキストを作成し教員に対して研修やサポートにあたり通知表作成作業を進めた。終業式前日には26クラス全ての担任が通知表のプリントアウトを終了した。
愛知県名古屋市瑞穂区の公立学校様
 コンピュータによる通知表作成が市内でも一般的に行われるようになってきました。
しかし、どこの学校でも「システム担当者に過剰な負担がかかる」「予期せぬトラブルが頻繁に起こり対応に追われる」など常に不安な状況にあるようです。
 本校では「まるごと」のおかげで担任や教科担当者が入力したデータをもとに、ごく簡単な操作で通知表が仕上がります。昨年度までのスタンプ押しや、手書きの所見記入あるいは読み合わせなどの苦労は何だったのかとくやしくなるような簡便さです。
神奈川県横浜市の公立学校様
 何しろこの私自身が提案して始まった連絡票(通知表)の作成。本当に無事できるのだろうか。期日に間に合うのだろうか?心臓がキリキリする中で始まった成績処理と連絡票の作成。初めてのことばかりなので、疑心暗鬼の中での厳重な入力データの点検活動。でも見つかるのは、人間による誤記等の入力ミスばかり。ソフトの誤作動や不整合は一切なし。あの観点のABC評価や評定、さらに所見等の手書きは一切なし。連絡票への転記もなし。もちろんそれに伴う誤記もなし。実に時間短縮、作業短縮。正確なデータが直接連絡票へ。評判上々の仕上がりでした。
 この「通知表まるごと作成プロジェクト」は「パラメータ記述式」でユーザーが「どこに、なにを、どんなふうに」印字するかという要点を、サンプルやヘルプの助けを借りながら書き込めばよいので、わずかなパソコンの知識しかない私でも完成させることができました。
 この「通知表まるごと作成プロジェクト」で感じたことは、
@まず安価であること
A自校のオリジナルな連絡票に対応していること
B急なトラブルが生じても、自分で処理でき、そのための十分なサポートがあること
C今後の状況に応じた連絡票の改編が自分でできること
D誰にでも簡単に扱えること
E面倒な転記とそれに伴う点検が一切いらないこと
Fまさに「教育の情報化」のためのツールであること 等
といったことです。さらに今後発売される「プラス」の諸機能に期待したいと思います。
神奈川県横浜市の公立学校様
 自分で連絡票(通知表)のレイアウトを自由に作ることができて、とても便利でした。パラメータを使っての作業ははじめ、難しかったけど、慣れてくるとかゆいところに手が届くようにイメージ通りの連絡票を作成する事ができました。また、すべてがExcelと互換性があり、データの入力も他の先生方からExcelデータで入力ができるので短い時間で作成することができました。
兵庫県三木市立教育センター様
 「通知表まるごと作成プロジェクト」を導入することにしたのは、従来の通知表をそのまま作成プロジェクトに置き換えることが可能だからです。通知表の内容が変わったときに対処できるのも導入の決め手となりました。
 また、既存のソフトで入力した評価を作成プロジェクトに転用する場合も、画面上で確認しながら行えるので,わかりやすく安心感があります。行い方もヘルプ機能が充実しているので理解しやすく、評価を扱うソフトや表計算ソフトで入力したデータをそのまま利用できて助かっています。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト (Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2005-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.