ラップエディックソフト / LAP Edc. SOFT   おかげさまで30年。 [採用検討用] 資料画像集のコーナー
■シリーズ製品リスト
LAP CMI ホームページ|進路指導ソフト|通知表パック|指導要録キット|調査書キット|出席管理ソフト|成績処理ソフト|個票作成|観点別・絶対評価
■機能など
ネットワーク対応 | 制限ユーザー対応 | セキュリティ対策 | 名簿一元化・共有 | 最新プログラム更新機能 | 最新版ダウンロード | カタログ | 製品価格表 | 購入申込書
問い合わせ等 ユーザーサポートのご案内 文化事業・松尾芭蕉翁関連サイト サイトマップ
平成28年度/通知表・指導要録の作成支援
Flash ムービー
Flash ムービー
購入直後に役に立つナビゲート・ドキュメント
LAP CMI シリーズ製品は、教育委員会・センターサーバーを通したデータの一元管理では、2006年来の実績があります
高校受験32 最新版 NET2015
教務用帳票作成 NET2015
通知表まるごと作成プロジェクト
通知表作成の実績集
◇ ◇ ◇
ユーザー校からの活用レポート
指導要録作成キット
調査書作成キット
通知表まるまるパック
出席管理システム
成績処理ソフト NET2015
本体システム ST.WORKER32
観点別・絶対評価処理システム
個票作成システム
進路指導支援ソフト NET2015
全国で使える高校受験32
都道府県別・進路指導支援ソフト
(
高校受験32オプション)
北海道版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
埼玉県版 NET-V4
新発売の案内書と購入申込書
バージョンアップの手引き
データベースのダウンロード
埼玉県公立校入学者選抜に関するデータベースについて
長野県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
茨城県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
千葉県版 NET-V2
神奈川県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
大阪府版 NET-V2
兵庫県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
マルチ相関表32
帳票作成関連・ユーザーサポート
通知表作成講座
コマンド活用講座
通知表作成のための技術情報
ユーザーサポート
ダウンロードサービス
製品の使い方に関するサポート
自然災害・被災ユーザーサポート
バージョンアップについて
会社概要
個人情報保護ポリシー
セキュリティ
サイトマップ
HPクイックリファレンス
< 機能紹介と活用支援 >
本ページでは、名簿ステーションで作成された生徒名簿台帳を、他のシリーズ製品に反映させて一元化・共有を図る方法を説明しています。
名簿ステーションの機能は、「通知表まるごと作成プロジェクト」または、その単体機能製品「出席管理システム」、「名簿管理システム」(標準税込価格:5,000円)で活用できます。
【操作手順1】 名簿ステーション側の一元化・共有設定
この時点までに、名簿ステーションで、生徒名簿台帳が作成されている必要があります。
1. 対象の入学年を選択し、一元化・共有の設定を行う学年次を指定します。
2. [名簿ステーション]メニューから、左図の項目を選択してクリックします。
設定のウィンドウが開きましたら、左図の設定欄で、一元化・共有を行うシステムを選択します。
「ST.WORKER32」の設定をONにすることにより、次の各処理で名簿ステーションのデータが参照可能となります。
定期実力試験処理
自由試験処理
観点別絶対評価処理
相対評価処理
個票作成
個人年間成績管理
「高校受験32」の設定をONにすることにより、マルチ相関表32や都道府県別・進路指導支援システムで名簿ステーションのデータが参照可能となります。
【操作手順2】 成績処理ソフト所有の場合、これを呼び出します
この時点までに、成績処理ソフトは、インストールとユーザー登録が終了しているだけでOKです。
[LAP CMI シリーズ]メニューから、左図の項目を選択してクリックします。
シリーズ製品の呼び出しは、各製品に備えられている左図メニューから迅速に行えます。
【操作手順3】 成績処理ソフト所有の場合の操作
1. 対象の年度と学年を指定します。
2. パスワード画面で必要な操作を行います。
3. マスターファイルの自動作成を予告するダイアログが表示されますので[OK]ボタンをクリックして実行します。
以上の操作で、成績処理ソフト側での一元化・共有が実現します。
次回起動以降は、一元化・共有を意識することなく、通常通りの操作でデータ管理が行えます。
一元化・共有の環境において、データフォルダの設定は不要となります。
【操作手順4】 進路指導支援ソフト所有の場合の操作
この時点までに、進路指導支援ソフトは、インストールとユーザー登録が終了しているだけでOKです。
1. 手順2と同じ要領で進路指導支援ソフトを呼び出します。
2. 対象の年度を指定し[OK]ボタンをクリックします。
3. データファイルの自動作成を予告するダイアログが表示されますので[OK]ボタンをクリックして実行します。
以上の操作で、進路指導支援ソフト側での一元化・共有が実現します。
次回起動以降は、一元化・共有を意識することなく、通常通りの操作でデータ管理が行えます。
一元化・共有の環境において、データフォルダの設定は不要となります。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト (Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2008-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.