LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
最新版。  ST.WORKER32は、ネットワークに最適な、小学校・中学校・高校用の成績処理ソフトです。
本システムは、平成14年に発売開始以来、絶対評価・評定の算出機能を完備するアプリケーションソフトとして実績を重ね、現在、全国各地で広くご活用いただいております。

本システムの最大の特徴は、1つのウィンドウから、素点の入力をはじめ、算出条件の設定、評価・評定の算出、素点データのコンバート、各種帳票印刷のウィンドウ呼び出しまで、あらゆる作業が行えるところにあります。

操作性を重視した本ウィンドウの設計により、コンピュータに不慣れな方にも、短時間で画面操作を習得していただくことができます。

   

現在販売中の最新バージョンはNET2015です

平成14年に製品化されて以来、数多くの学校でご活用いただいておりました「観点別・絶対評価処理システム」が、NET-V3から、新たな有用機能を追加した上でフルセット版に組み込まれています。

これにより、フルセット版限定ながら、長年、ご愛用いただいております相対評価処理機能(旧「総合試験処理」機能)と合わせて、ST.WORKER32に、強力な2大評価処理機能が塔載されたことになります。

追加された人数分布表の作成機能

本機能をNET-V3に組み込むに当り,最大15までの観点別評価と、総合評価に関する人数分布表の作成機能が新たに追加されています。
  
ワークシートが学級単位の場合はその学級の分布表が作成され、複数の学級の場合は、各学級の分布表と、ワークシート内のすべての生徒についての分布表が作成されます。
  
人数分布表を性別に作成する必要がある場合は、ボタン1つで、[男子・女子・全体]に区分けした表示型に切り替えることもできます。

絶対評価処理の機能概要

1教科、1学期あたり最大15観点までの設定が可能で、観点ごとに最大15試験の成績をもとにして、観点別および教科としての総合評価を算出することができます。

試験成績は、他のアプリケーションソフトで入力したデータを貼り付けて転用することができます。  

評価は、観点ごとに基準点を最大20段階まで設定して算出することができ、段階の表記は、数字のほか、A、B、C、AAA、AB、◎、○など、自由に設定することができます。
 
総合評価の算出は、各観点の評価を任意の換算値で数値化し、その合計について最大20段階まで基準点を設定して行うことができます。
 
各観点の評価および総合評価に関する学級別・人数分布表を作成することができます。分布表は男女別に作成することもできます。
 
算出された評価データおよび素点データは、すべて、他のソフト側に貼り付けて活用することができます。

絶対評価のトップページ
絶対評価算出方法の紹介
素点の入力とコンバート機能
全教科・全学期評価一覧表
評価・評定の人数分布表
評価・評定データの転用
各種一覧表の印刷機能
印刷見本の展示コーナー
本機能の単体販売について
ST.WORKER32 トップページ
【新標準価格】
シングルライセンス版
24,000円
無制限ライセンス版
36,000円
WindowsXP/Vista/7/8に対応。
制限ユーザーのアカウントでの運用に対応 。
パスワードの設定・変更機能。
「生徒名簿台帳一元化」の環境で活用可能。
ネットワーク環境での運用に対応(無制限ライセンス版)。
活用の範囲は、小学校、中学校、高等学校など。
処理可能な教科数は、「全学校汎用版」は最大26、「高等学校専用版」は最大50。
観点数は1教科につき最大15まで。
処理可能な学級数は1学年最大12学級。1学級60名まで。
試験数は、1教科、1学期につき最大15試験。年間60試験まで。
教科名称の登録
教科別観点内容の登録
観点別素点データ入力
観点別素点データコンバート
観点別素点データ桁決め入力
観点別評価の基準値設定
観点別評価の換算点設定
評価の人数分布表作成
教科別総合評価基準値設定
全教科年間成績一覧表作成

詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2002-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.