LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
最新版。  ST.WORKER32は、ネットワークに最適な、小学校・中学校・高校用の成績処理ソフトです。
   
         


























  
 


取り扱える試験の種類について

取り扱える教科数と作成可能な成績簿の数




既入力データの転用について

名簿台帳と素点データのコンバート機能




素点入力時に活用できる機能について

ネットワーク環境下で行う素点入力


データについてのセキュリティ対策




試験毎に利用できる一覧表と特徴について

全一覧表の概要説明



試験毎に利用できるグラフと特徴について

全グラフの概要説明



年間成績の処理機能について

進路指導の面談で使用できる帳票と特徴



相対評価の処理機能について

見込み点の入力と比率処理/5段階、10段階の設定/評定配分表/評定データの転用

 

他のアプリケーションソフトで作成した生徒名簿台帳が手元にあるのですが、これをST.WORKER32で使用することはできますか。
下の図は、ST.WORKER32の管理ファイル(マスターデータファイル)を作成する際に取り扱うウィンドウです。



他のアプリケーションで入力された名簿データは、クリップボードを介して、こちらのウィンドウから、本システム側にコンバートして取り込むことができます。

この時の必須データは次の通りです。

  ・生徒氏名データ。

  ・生徒コード
   1組1番なら101、12組30番なら1230となります。

  ・性別データ
   男子は、「男」を含む文字列または1、
   女子は、「女」を含む文字列または2となります。

「生徒名簿台帳一元化」の機能について
生徒の氏名は何文字まで扱うことができますか。
全角文字で7字まで、半角文字なら14字まで扱えます。

全角文字と半角文字を混在させることもできます。   
他のソフトで入力を行った素点データがありますが、これをST.WORKER32側に取り込むことはできますか。
他のソフト側に、ST.WORKER32が同一の生徒と認識できる生徒コード(1組1番なら101、12組30番なら1230)があれば、簡単に取り込むことができます。

データの取り込みは、ST.WORKER32側の生徒人数と他のソフト側の人数が異なっている場合も、また、生徒配列が異なっている場合も可能です。

次の図は、Microsoft Excel側からクリップボードに貼り付けたデータを、ST.WORKER32の素点入力ウィンドウで取り扱っている様子を表しています。

Aの表に、Excelのデータが貼り付けられており、これらのデータは、コンバート機能を利用して、Bの表の対応する教科列に取り込むことができます。




ST.WORKER32側のデータも、クリップボードを介して、簡単に、他のソフト側で活用することができます
         
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2006-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.