LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
最新版。  ST.WORKER32は、ネットワークに最適な、小学校・中学校・高校用の成績処理ソフトです。
   
         


























  
 


取り扱える試験の種類について

取り扱える教科数と作成可能な成績簿の数




既入力データの転用について

名簿台帳と素点データのコンバート機能




素点入力時に活用できる機能について

ネットワーク環境下で行う素点入力


データについてのセキュリティ対策




試験毎に利用できる一覧表と特徴について

全一覧表の概要説明



試験毎に利用できるグラフと特徴について

全グラフの概要説明



年間成績の処理機能について

進路指導の面談で使用できる帳票と特徴



相対評価の処理機能について

見込み点の入力と比率処理/5段階、10段階の設定/評定配分表/評定データの転用

 

ST.WORKER32で素点入力を行う際に、何か特別に活用できる機能がありますか。
入力ウィンドウに用意されている有用機能の1つに、「桁決め入力」があります。

これは、作業の効率と入力作業の負荷の軽減を目指し、MS-DOS版の時代から装備されている機能で、「1つのセルに設定した桁数だけ入力すると、自動的に、フォーカスが右のセルまたは下のセルに移動する」というものです。
  
本機能を利用することにより、打鍵は数字キーのみとなりますので、入力ミスを防ぐことができると同時に、よりスピーディーに入力作業を進めることができます。

本ソフトでは、この「桁決め入力」の他、入力中、リアルタイムで教科別の集計値を表示する機能や、学級・性別・教科を自由に設定して入力が行える機能などを活用することができます。
  
ST.WORKER32は、ネットワークに対応しているということですが、ネットワーク環境下にある複数のパソコンで、同時に素点の入力を行うことはできますか。
はい、できます。こうした入力を実現するために、弊社独自開発の「データリフレッシュ機能」が装備されています。
 
本機能について、詳しくは、こちら
をご参照ください。   
生徒のデータに対して、どのようなセキュリティ対策が執られていますか。
まず、データファイルは下図のように生徒名簿台帳と切り離して記録されていますので、何かのソフトでファイルが開かれたとしても、どのデータが、どの生徒のものであるかは分かりません。



したがって、ST.WORKER32で作成されたデータは、本ソフトを起動し、係るウィンドウを開かなければ、生徒データとしての意味を成さないことになります。

本ソフトの起動については、管理者・制限(標準)ユーザーごとにパスワードを設定できる機能
が装備されていますので、部外者がこれを行うことはできません。

また、ソフト起動中、生徒データはディスプレイを通して露出されることになりますが、この対策として「ブラインド機能」
が活用できます。
         
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2006-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.