LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
最新版。  ST.WORKER32は、ネットワークに最適な、小学校・中学校・高校用の成績処理ソフトです。
   
         


























  
 


取り扱える試験の種類について

取り扱える教科数と作成可能な成績簿の数




既入力データの転用について

名簿台帳と素点データのコンバート機能




素点入力時に活用できる機能について

ネットワーク環境下で行う素点入力


データについてのセキュリティ対策




試験毎に利用できる一覧表と特徴について

全一覧表の概要説明



試験毎に利用できるグラフと特徴について

全グラフの概要説明



年間成績の処理機能について

進路指導の面談で使用できる帳票と特徴



相対評価の処理機能について

見込み点の入力と比率処理/5段階、10段階の設定/評定配分表/評定データの転用

 

ST.WORKER32には、複数の試験成績を一覧できる機能がありますか。
ST.WORKER32は、1つのフォルダやフロッピーディスクなどで、最大20の試験処理が可能です。

したがって、これを複数使用することにより、20の倍数分の試験処理が可能となります。

本システムでは、こうしたフォルダやフロッピーディスクなどから、最大15の試験を任意に選択し、年間成績として取り扱うことができます。

年間成績としての試験構成は、随時、自由に更新できます。


 
進路指導の面談で使用できる帳票があれば紹介してください。
年間成績の処理で取り扱える帳票は、次の3つです。

以下に、各帳票とその特徴を紹介させていただきます。

  

1.年間成績一覧表 <印刷サンプル>

年間成績として選択された試験ごとのデータ、および、選択されたすべての試験の平均を表記する一覧表です。



特徴は、次の通りです。


一覧表で取り扱う試験や、表記する科目、合計、平均を自由に指定することができます。
 
下図の通り、点数とそれ以外のデータを試験ごとに列記することができます。
 
  点数以外のデータは、学年順位、学級順位、学年偏差値、学年・上位パーセント、学年平均点の中から選択して表記できます。


  

2.総合グラフ <印刷サンプル>

選択されている科目、合計、平均ごとに、指定試験の成績を表記する一覧表を作成し、その領域の中に推移グラフを描画します。



特徴は、次の通りです。


個人成績のグラフに学年平均のグラフを添えることができます。
 
グラフの色を自由に設定できます。
 
併記するデータを、学年順、学級順、学年偏差値、学年・上位パーセントの中から選択することができます。
  

3.科目、合計、平均別推移グラフ <印刷サンプル>

年間成績一覧表で選択された科目または合計・平均の推移グラフを描画します。



特徴は、次の通りです。


個人成績のグラフに学年平均のグラフを添えることができます。
 
グラフの色を自由に設定できます。
 
折れ線グラフのデータを、学年順、学級順、学年偏差値、学年・上位パーセントの中から選択することができます。

         
詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2006-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.