LAP Computer Managed Instruction Series
 
SINCE 1987  おかげさまで30年 / 製品の人気を支える有用機能
最新版。  ST.WORKER32は、ネットワークに最適な、小学校・中学校・高校用の成績処理ソフトです。
成績処理なら、やっぱりST。 「STだからできる、作れる」伝統機能が、全国の先生方を力強く支援します。
開発: ラップエディックソフト
特許公開2007-265375
次のページで、特許申請の内容がご覧いただけます
http://www.ekouhou.net/disp-A,2007-265375.html
本システムは、度数分布グラフにおいて、1つの注目要素が属する区画内に降順または昇順の位置を明示するものです。

下図は、分布グラフの区画
[49〜25]に、1位から5位までに区分けされた15の要素が含まれ、その中で、注目要素が4位である場合の表記例です。
  


  
度数分布グラフは、要素(統計数字)をいくつかの階級に分け、各階級に属する度数をグラフ化するものですが、これを、個人に対する成績報告の手段として作成した場合、伝達できるのは個人成績がどの区画に属するかの情報に限られ、グラフ区画のどの位置に当たるかについては不明です。

そこで、1つの注目要素が属するグラフ区画の内部に、全要素を降順に並べた結果に基づき、注目要素が占める位置を記号等で明示することにします。

また、注目要素の位置をさらに明らかにするため、希望によっては、グラフ区画の内部に、順位に関する目盛り線を描画します。

これにより、度数分布グラフを「注目要素の順位情報を含めた多角的な統計データの提供媒体」として活用することが可能となります。
成績処理 ST.WORKER32 NET-V3以降
本システムを構成する主要機能が、平成18年4月に新発売の成績処理 ST.WORKER32 NET-V3に初めて組み込まれ、個票作成機能の一部として運用が開始されています。
画像は、個票作成ウィンドウのイメージプレビューからのものです
上の図は、本システムを、ST.WORKER32の個票コンテンツとして活用した例で、対象の生徒が属する区画に○が表記されています。

左図は、同区画に属する要素のすべてを、成績一覧表で降順に表示したものです。

学年全体の分布グラフにおいては、この一覧表の内容の通りに、14の要素が属する中の5番目であること、性別のグラフにおいては、4番目であることが明示されています。

こうしたグラフを個票に描画することにより、「順位の数字は個票に載せにくい」、「一般の分布グラフでは大凡の本人位置しか掌握できない」といった課題が解決できると同時に、この描画法は、生徒自らの判断による成績分析を可能にします。



ST32紹介のサブメニュー
としてご利用いただけます。
 
WindowsXP/Vista/7/8に対応。
制限ユーザーのアカウントでの運用に対応 。
パスワードの設定・変更機能。
「生徒名簿台帳一元化」の環境で活用可能。
ネットワーク環境での運用に対応(無制限ライセンス版)。
活用の範囲は、小学校、中学校、高等学校など。
定期・実力、自由試験の処理回数は、1つの収録フォルダ(ディスク)あたり最大20試験。
処理可能な学級数は1学年最大12学級。1学級60名まで。
処理可能な教科数は、「全学校汎用版」は最大26、「高等学校専用版」は最大50。
帳票で取り扱うデータは、点数、学年順位など全25種。
評定処理は、観点別・絶対評価(フルセット版)と、10段階までの相対評価(標準版/フルセット版)
学年別パスワードの設定
データ収録のフォルダ設定
科目の登録と配列設定
学級表示型(数字、文字)設定
3種合計の算出科目設定
相対評価の段階別比率設定
生徒名簿台帳の作成と管理
生徒名簿台帳のコンバート
素点データの入力とコンバート
ネットワーク環境下での素点データリフレッシュ
素点データの桁決め入力
定期・実力データの年間処理
各種成績一覧表の作成
自由設計一覧表の作成
【観点別絶対評価処理】
< フルセット版 >
教科名称の登録
教科別観点内容の登録
観点別素点データ入力
観点別素点データコンバート
観点別素点データ桁決め入力
観点別評価の基準値設定
観点別評価の換算点設定
評価の人数分布表作成
教科別総合評価基準値設定
全教科年間成績一覧表作成
【個 票 作 成 機 能】
< 標準版/フルセット版 >
学級単位のコメント入力
生徒へのコメント入力
同コメントのコンバート
ネットワーク環境下でのコメントデータリフレッシュ
個票内一覧表の書式作成
一覧表書式の保存と管理
組込コンテンツに関する設定
個票のイメージプレビュー
試験成績の個票(連続)印刷

詳しい製品情報が好評です! 選ぶなら、やっぱり、LAP CMI シリーズ。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト 
(Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2006-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.