ラップエディックソフト / LAP Edc. SOFT   おかげさまで30年。 [採用検討用] 資料画像集のコーナー
■シリーズ製品リスト
LAP CMI ホームページ|進路指導ソフト|通知表パック|指導要録キット|調査書キット|出席管理ソフト|成績処理ソフト|個票作成|観点別・絶対評価
■機能など
ネットワーク対応 | 制限ユーザー対応 | セキュリティ対策 | 名簿一元化・共有 | 最新プログラム更新機能 | 最新版ダウンロード | カタログ | 製品価格表 | 購入申込書
問い合わせ等 ユーザーサポートのご案内 文化事業・松尾芭蕉翁関連サイト サイトマップ
平成29年度/通知表・指導要録の作成支援
Flash ムービー
Flash ムービー
「ミスがない実績」でセレクト通知表作成の実績の一部を掲載道徳の欄を含む指導要録作成キット【第三版】30年経って今もなお現役で最強特許出願の度数分布グラフ付き個票評価・評定の算出基準を自在に設定進路指導を力強く支援して29年モニターを見ながらの三者面談なら日々の管理、月別の管理、学期別の管理
購入直後に役に立つナビゲート・ドキュメント
LAP CMI シリーズ製品は、教育委員会・センターサーバーを通したデータの一元管理では、2006年来の実績があります
高校受験32 最新版 NET2015
教務用帳票作成 NET2015
通知表まるごと作成プロジェクト
通知表作成の実績集
◇ ◇ ◇
ユーザー校からの活用レポート
指導要録作成キット
調査書作成キット
通知表まるまるパック
出席管理システム
成績処理ソフト NET2015
本体システム ST.WORKER32
観点別・絶対評価処理システム
個票作成システム
進路指導支援ソフト NET2015
全国で使える高校受験32
都道府県別・進路指導支援ソフト
(
高校受験32オプション)
北海道版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
埼玉県版 NET-V4
新発売の案内書と購入申込書
バージョンアップの手引き
データベースのダウンロード
埼玉県公立校入学者選抜に関するデータベースについて
長野県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
茨城県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
千葉県版 NET-V2
神奈川県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
大阪府版 NET-V2
兵庫県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
マルチ相関表32
帳票作成関連・ユーザーサポート
通知表作成講座
コマンド活用講座
通知表作成のための技術情報
ユーザーサポート
ダウンロードサービス
製品の使い方に関するサポート
自然災害・被災ユーザーサポート
バージョンアップについて
会社概要
個人情報保護ポリシー
セキュリティ
サイトマップ
HPクイックリファレンス
< 機能紹介と活用支援 >
LAP CMI シリーズ製品で管理する生徒の成績データは、名簿台帳と分離して記録されていますので、諸データを生徒氏名と関連付けて掌握するには、ソフトの起動が不可欠となります。
パスワードの設定機能は、このソフトの起動を、厳重に規制するために用意されています。
堅牢なパスワードで、部外者のソフト起動を阻止します
 
特殊な暗号化処理を施して保存されるパスワードで、LAP CMI シリーズ製品が不正に起動されることを阻止します。パスワードは、製品ごとに設定できるほか、管理者・制限(標準)ユーザーごとに設定できます。
ソフト起動後も、ディスプレイ表示から生徒データを守り続けます
ソフト起動中、生徒データはディスプレイを通して露出されることになりますが、この対策として「ブラインド機能」が活用できます。
本機能は、1つのボタンをクリックするか、または、設定の時間に達した時点でソフトのウィンドウをディスプレイから消し、代わりにパスワードの入力画面を表示する機能です。
自動書き出しでMicrosoft Excelが表示されている場合、これも同時にディスプレイから消すことができます。
パスワードの入力後は、データ入力中のウィンドウを含むすべてのウィンドウが、元の状態で表示されます。
本機能は、NET2009製品の他、茨城県版 NET-V3、埼玉県版 NET-V3、長野県版 NET-V3で活用できます。
「標準ブラインド」の機能
該当のボタンをクリックすると瞬時に、操作中のソフトのウィンドウをディスプレイから消し、代わりにパスワードの入力画面を表示する機能です。
  

これにより、パスワードの認証が行われるまで、消えたウィンドウを元に戻すことができなくなります。

  

パスワードは、制限ユーザーのアカウントで製品を活用する場合、ユーザーごとに設定することができます。

  

パスワードを忘れた時の対策としては、ライセンス番号から割り出す値をパスワードの代用として使用できる機能が追加されています。
「オート・ブラインド」の機能
設定時間に達した時点で、システム自身が、製品に関わるすべてのウィンドウを消す機能です。
  

これ以外の実行内容は、「標準ブラインド」の場合と同じです。

  

「オート・ブラインド」の場合、ブラインド実行の開始時が、データの読み書きと重なることもあり得ますが、ウィンドウが消えた後もメモリ上で処理が継続して行われますので問題はありません。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト (Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2007-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.