ラップエディックソフト / LAP Edc. SOFT   おかげさまで30年。 [採用検討用] 資料画像集のコーナー
■シリーズ製品リスト
LAP CMI ホームページ|進路指導ソフト|通知表パック|指導要録キット|調査書キット|出席管理ソフト|成績処理ソフト|個票作成|観点別・絶対評価
■機能など
ネットワーク対応 | 制限ユーザー対応 | セキュリティ対策 | 名簿一元化・共有 | 最新プログラム更新機能 | 最新版ダウンロード | カタログ | 製品価格表 | 購入申込書
問い合わせ等 ユーザーサポートのご案内 文化事業・松尾芭蕉翁関連サイト サイトマップ
平成29年度/通知表・指導要録の作成支援
Flash ムービー
Flash ムービー
「ミスがない実績」でセレクト通知表作成の実績の一部を掲載道徳の欄を含む指導要録作成キット【第三版】30年経って今もなお現役で最強特許出願の度数分布グラフ付き個票評価・評定の算出基準を自在に設定進路指導を力強く支援して29年モニターを見ながらの三者面談なら日々の管理、月別の管理、学期別の管理
購入直後に役に立つナビゲート・ドキュメント
  
LAP CMI シリーズ製品は、教育委員会・センターサーバーを通したデータの一元管理では、2006年来の実績があります
高校受験32 最新版 NET2015
教務用帳票作成 NET2015
通知表まるごと作成プロジェクト
通知表作成の実績集
◇ ◇ ◇
ユーザー校からの活用レポート
指導要録作成キット
調査書作成キット
通知表まるまるパック
出席管理システム
成績処理ソフト NET2015
本体システム ST.WORKER32
観点別・絶対評価処理システム
個票作成システム
進路指導支援ソフト NET2015
全国で使える高校受験32
都道府県別・進路指導支援ソフト
(
高校受験32オプション)
北海道版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
埼玉県版 NET-V4
新発売の案内書と購入申込書
バージョンアップの手引き
データベースのダウンロード
埼玉県公立校入学者選抜に関するデータベースについて
長野県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
茨城県版 NET-V3
カタログ
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
千葉県版 NET-V2
神奈川県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
大阪府版 NET-V2
兵庫県版 NET-V2
資料画像集のコーナー
バージョンアップの手引き
マルチ相関表32
帳票作成関連・ユーザーサポート
通知表作成講座
コマンド活用講座
通知表作成のための技術情報
ユーザーサポート
ダウンロードサービス
製品の使い方に関するサポート
自然災害・被災ユーザーサポート
バージョンアップについて
会社概要
個人情報保護ポリシー
セキュリティ
サイトマップ
HPクイックリファレンス
< 機能紹介と活用支援 >
現在販売中のLAP CMI シリーズ製品は、すべてが、制限ユーザー(標準ユーザー)のアカウントで運用することができます。製品の不正起動を防御するためのパスワードは、ユーザーごとに設定することができます。
(1) 「制限ユーザー」と「管理者」について
1台のパソコンを複数の人数で共有する場合、各人を識別するための登録情報をユーザーアカウントと言い、この中で、パソコンやWindowsに関する設定など、特定の操作が許可されていないユーザーアカウントでパソコンを運用するユーザーを、「制限ユーザー」と言います。
「制限ユーザー」は、Windows NT系(NT4.0/2000/XP)の場合の呼称で、Windows Vista、Windows 7/8では「標準ユーザー」と呼びます。
 
制限ユーザー、標準ユーザーに対し、パソコンの操作を制限無く行えるユーザーアカウントを「管理者(Administrator)」と呼びます。
(2) LAP CMI シリーズ製品の
これまでの運用環境設定ファイルについて
LAP CMI シリーズ製品の運用状況をパラメータとして記録するファイルは、ST.WORKER32 NET-V3を除いて、これまでインストール先のフォルダの中で読み書きが行われていました。

このため、シリーズ製品が、セキュリティの面から保護されるProgram Filesフォルダの配下にインストールされた場合、ファイルの更新が許可されない制限ユーザーのアカウントでは運用することができませんでした。
(3) 制限ユーザー対応後の
運用環境設定ファイルについて
これを可能にするため、弊社は、パラメータの読み書きに関わる操作を、どのユーザーでもアクセス可能な、公共フォルダの中で行う仕様に切り替えました。

これにより、管理者、制限ユーザーの区別無くシリーズ製品を運用することができるようになり、また、異なるユーザーの間で、1つの運用環境設定を共通に参照してデータ処理が行えるようになりました。
(4) Windows Vista、Windows 7/8 における対応
Windows Vista、Windows 7/8においては、管理者権限で運用する場合でも、基本的に標準ユーザーと同じ制限を受けることから、シリーズ製品が、Program Filesフォルダにインストールされた場合、ファイルシステムの仮想化機能の影響により、その配下に置かれている環境設定ファイルは、管理者、標準ユーザーに関係なく、強制的にユーザー固有のVirtualStoreフォルダの中で読み書きの操作が行われます。

こうしたことから、複数のユーザーが1台のパソコンでシリーズ製品を使用した場合、設定パラメータを共通に取り扱えないなどの支障が生じるところですが、上記の(3)の措置により、アカウントの種類を全く意識する必要の無い環境の中で、共有するべきファイルは共通に読み書きしながら、各製品をご活用いただくことが可能となっています。
(5) 制限ユーザー対応のLAP CMI シリーズ
制限ユーザーに対応しているシリーズ製品のバージョンは次の通りです。

ST.WORKER32 NET-V3については、Ver.3.01からWindows NT4.0/2000/XPの制限ユーザーに対応していますが、Windows Vista、Windows 7/8で運用した場合のファイル処理法の相違から、(3)の措置がとられたVer.3.10からが本格対応となっています。
製品名 対応開始バージョン
教務用帳票作成 通知表まるごと作成プロジェクト Ver.3.10
 出席管理システム Ver.3.10
成績処理ソフト ST.WORKER32 NET-V3 Ver.3.10
 個票作成システム Ver.3.10
 観点別絶対評価処理システム Ver.3.10
進路指導支援ソフト 高校受験32 NET-V2 Ver.2.10
高校受験32オプション J.CONVER32 Ver.2.10
マルチ相関表32 Ver.1.20
北海道版 Ver.1.30
青森県版 Ver.2.10
千葉県版 NET-V2 Ver.2.00
茨城県版 Ver.3.10
埼玉県版 NET-V2 Ver.2.10
神奈川県版 NET-V2 Ver.2.10
新潟県版 Ver.1.20
長野県版 Ver.2.10
大阪府版 Ver.3.10
奈良県版 Ver.2.10
兵庫県版 Ver.3.10
福岡県版 Ver.5.10
(6) 制限ユーザー対応版へのバージョンアップについて
次のバージョンの製品を所有されている方は、弊社のダウンロードサービスのコーナーから、無料で上の表の制限ユーザー対応版を入手することができます。
製品名 無料バージョンアップ対象の方
通知表まるごと作成
プロジェクト
Ver.1/2/3 左のバージョンの方は、ダウンロードサービスのコーナーから対応版を入手できます。
 出席管理システム
ST.WORKER32 NET-V3 Ver.3 左のバージョンの方は、ダウンロードサービスのコーナーから対応版を入手できます。
 個票作成システム
 観点別絶対評価処理
高校受験32 NET-V2 Ver.2.00
J.CONVER32 Ver.2 左のバージョンの方は、ダウンロードサービスのコーナーから対応版を入手できます。

学校用コンピュータソフト開発・販売 (有)ラップエディックソフト (Tel) 03-3585-4429、022-366-4405 http://www.laphouse.com
  
Copyright(C) 2007-2017  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.